下取り査定する場合、買取店の対応と感触で判断しなければいけない時【フェアレディZ編】

車を査定依頼する時は、査定担当者の照応を見て感触をつかむことが大事です。終局、査定をするのは人間です。その人間の個性にもよりますが、指向がわかることで、ある程度の判定額の傾向を掴み取ることができます。

 

もし、品定の折、担当者に誠実さをあまり感じられないような場合は、高値は見こみできないでしょう。そういったときは、取引をやめて、他のディーラーに変更した方がいいかもしれません。

 

下取車のアピールポイントの伝え方とタイミング

感じの悪い品定担当者に対して、いくらマイカーのアピール点を報告してもそれが通ることは難しくなります。査定士はプロフェッショナリストなので、アピールしなくても基本的に査定アップのポイントは見逃しません。結果を急ぎすぎて目茶苦茶に成約すると、後で他の業者の査定額をみて悔やむことになるので、感触が良くない時は、あっさり切り上げる方が無難です。

 

目利き担当者に対しては、ある程度は誘引してもいいのですが、あまりしつこすぎると逆に感触が悪くなるので、注意しなければなりません。見積り担当者は出来る程早く契約を得たいと思っています。それゆえ、よい感触を感じたとしても、じっくり対応する必要性があります。

 

 

フェアレディZ値引き速報!【NISSAN FAIRLADY Z】